愛知県名古屋市で薬局と介護を展開する株式会社イズミのお知らせ・ブログ

お知らせ・ブログ NEWS & BLOG

紫外線対策していますか?

よく晴れた日や日差しが強い季節には、UVケアをしっかりしなくてはと誰もが思いますが、
実は曇りの日や雨の日、日差しがそれほど強くない季節でもUVケアは欠かせません。
そこで今日は紫外線から肌を守るために知っておきたい紫外線や対策についてお伝えします☆

1.紫外線の種類について

太陽光は、波長の長いものから紫外線・可視光線・紫外線に分けることができます。
紫外線は生物的な作用の違いから、波長の長い方からA・B・Cと分類されます。
波長が短いほど有害作用が強く、3種類の紫外線のうちでは、UVCが最もその物理的作用が
強いとされています。

2.季節による紫外線量について

紫外線は5月から増え始め、6月~8月に最大になります。
夏に比べて、春・秋はその半分程度、冬には1/5程度になります。
夏に比べて紫外線量が少なくなるとはいえ、1年中紫外線対策は欠かせませんね!
また、雨の日には紫外線が全くないと思っている方も多いようですが、薄曇りの日でも
紫外線は晴れの時の60%~80%、大雨の日でさえも30%もあります(!)
また、紫外線の反射率も知っておくといいでしょう。
具体的には、
雪面・・・80~90%
水面・・・20~80%
砂浜・・・10~20%
コンクリート、芝・・・数%
このようにかなり高い反射率なので、日陰にいても反射した日光によって首を日焼けしてしまうことは
よくあります。

3.SPFとPAについて

日焼け止めの容器には、必ずSPFとPAという表示がありますが、それぞれどのようなもので
どのような効果があるかご存知ですか?
SPFはSun Protectio Factorの略で、UVBをどのくらいカットできるかを
表した値です。この数値が高いほど、肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。
PAはProtection Grade of UVAの略で、UVAをどのくらいカットできるかを
表した指標です。この+が多いほど、肌が黒くなりにくく、しわを防ぎます。
PAの表記についてわかりやすく示すと、
PA+ ・・・効果がある。 → お子さんや肌が敏感な方向け
PA++ ・・・効果がかなりある。 → 日常生活には充分
PA+++ ・・・効果が非常にある。 → 日常生活には充分
PA++++ ・・・効果が極めて高い。 → レジャーや海水浴、運動会向け
また、+が少ないほど肌への負担も小さく、+が増えるにつれて肌への負担も大きくなります。

4.日焼け止めによる紫外線対策について

紫外線の多い時期は気温も高いので、汗をかきやすいもの。日焼け止めは汗で落ちやすいので、
(最近は汗や水に強い日焼け止めもたくさんありますが)こまめに塗りなおすことが必要です。
具体的に、日常生活でも3~4時間に1回塗りなおすと高い効果が期待できます。
SPFやPA値の高いものを一度だけ塗るよりも、数値が低くても何度も繰り返して塗った方が
高い効果が期待できます。
SPFやPA値の高い日焼け止めは、肌への負担も大きいので、可能であれば数値が低いものを
こまめに塗りなおすことをおすすめします。
また、日焼け止めの量ですが、例えば顔に塗る場合、クリームタイプであればパール2つ分、
液状タイプであれば1円玉2枚分の量を十分に使うようにしましょう。
少なすぎる量では、日焼け止めの効果を発揮できません。
特に鼻の頭やおでこ、肩などは日光が当たりやすく、日焼けしやすい部分なのでしっかりカバーしましょう。
また、先ほど紹介した反射率。この影響であご下や首の日焼けをしてしまうので、この部分もしっかり
日焼け止めを塗り、対策しましょう♪
最近は、化粧下地やファンデーションなどにも紫外線カット材が入っていることが多くなりました。
パウダーファンデーションを塗ることで、粉が紫外線を散乱させる役割を果たしてくれますので、
うまく組み合わせて紫外線から肌を守りましょう☆

5.日焼けをしてしまった時のケアについて

日焼けした肌はデリケートな状態なので、アフターケアがとても大切になります。
当日に意識してほしいことが4つあるので、順に説明します。顔、身体共通のアフターケアです。
①冷やす
日焼けはやけどの一種と考えられているため、まずは皮膚を冷やしほてりを鎮めることが大切です。
この時、皮膚をこすったりして皮膚に負担をかけないよう気を付けましょう。

②保湿・カバー
日焼けの状態によって対策は異なります。
我慢できないほどのほてりがある場合は、医師の診察を受けてください。
ヒリヒリする場合は、化粧水などがしみることもあるので、軟膏を塗るといいです。
ほてりはない場合については、化粧水でたっぷり水分補給したあと、乳液やクリームで肌を保護します。
ポイントは、化粧水はたっぷり手でつけること。
普段であればコットンでつけるものいいですが、日焼けした肌はとてもデリケートな状態なので、
手のひらでやさしい力加減でなじませる方が、肌の負担になりにくいです。
そして、化粧水を冷蔵庫で冷やしてから使うのも効果的です。
化粧水を冷やすことで、肌への水分補給と同時に再度冷やすケアをすることができます。

③水を多めに飲む。
身体に水分が足りていない状態なので、スキンケアで外側から水分を与えることに加えて、
水分補給で内側からも補うことが大切です。

④早く寝る。
思いっきり日焼けしたあとは、皮膚だけでなく身体全体がデリケートな状態だといわれています。
ケアを終えたら早めに寝て、十分な休息をとることも大切です。

5.最後に

日本でも皮膚がんの発生率は10年間で数倍に急増してきています。
紫外線に対する意識は少しずつ高まってきてはいるものの、まだまだ全体的な認識は低いのが実情です。
健康で長生きするために、紫外線対策もしっかりしていきたいですね!
さまざまな紫外線対策グッズもたくさんありますので、ご自分にあった紫外線対策をしましょう☆

 

 

カテゴリ

アーカイブ

copyright © 愛知県名古屋市で薬局と介護を展開する株式会社イズミ All Rights Reserved.